パリの美術館、ギャラリー事情

ランキング参加中です。今日は何位かな?
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
クリックして応援してもらえると嬉しいです!
 

パリの美術館、ギャラリー

こんにちは。

今日はパリの美術館、ギャラリー事情についてです。

街の景色がすでにアートなパリですが市内には大小140以上の美術館があります。

パリと言えばの「ルーブル美術館」そして印象派の「オルセー美術館」さらに最近草間彌生も展覧会を開いた現代アートの「ポンピドゥー」。

この辺は外せない美術館ですね。嬉しいことに毎月第一日曜日はこんな豪勢な美術館も無料になるので「モナリザ」や「マネ」「モネ」の作品に無料で出会えます。さすが芸術の町パリ!

しかし2度目、3度目のパリ旅行になるとだいたいの美術館は制覇してくるもの。

そんな時おすすめなのがギャラリーです。

敷居が高いよういに思いますが、たいていのギャラリーは気軽に、しかも無料でアート鑑賞できますよ。

古典的なギャラリーから現代アートギャラリーまで様々なので、お散歩している途中に琴線に触れたギャラリーにふらっと入って、生の美術に触れるのも良い旅の思い出。

また私が美術鑑賞スポットで気に入っているのが、サンジェルマンデプレ界隈の「Rue des Saints-Pères」。

道の両側に、しかもとっても素敵なギャラリーが肩を並べて集まっているので、ぼ~っと憧れながら眺めています。

上級のパリのアートの楽しみ方を体験したいですね。

 
 
ランキング参加中です。今日は何位かな?
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
クリックして応援してもらえると嬉しいです!
 
次の記事:
今の記事:パリの美術館、ギャラリー事情
前の記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ