フランスのアパートの大家さん

ランキング参加中です。今日は何位かな?
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
クリックして応援してもらえると嬉しいです!
 

26

9月はこちらの新学期にあたります。

ですのでこれを期に日本へ帰国する友達が多いのも7月8月。

あの暑かった夏から朝晩は気温もさがり、秋の風が吹いてなんだか寂しくなりますね。

そうそう日本に帰る前の大仕事!大家さんとのアパートの引渡しが待っています。

こちらでアパートを借りた経験がある人は日本人大家にしろフランス人大家にしろ、とんでもない大家に遭遇したエピソードを必ず一つは持っているんじゃないか、というほど大変な作業です。

(最近は日本人大家も本当に困った人が多いです)。

ちょうど8月末で日本に帰国するお友達。

大家さんに退去すると告げたときから入居のときと同じ人物とは思えないほどの凶変ぶり!

入居時にL’état de lieux(エタドリュー)といってきちんとした用紙に部屋の状況を一緒にチェックするならいいものの、それをなあなあにしてしまったお友達。

入居時はあそこが壊れていなかった、壁はこんなに汚くなかったと、文句を付けられるところはなんでもつついてお金を取れるだけとろうという魂胆がイヤらしい!

ある友人はふとんがよごれているから交換する、というので800ユーロ(約10万円)請求され、そのふとんを見せてと言うとそれはできない!と日本では???なことが日常的に起こります。

弁護士を通して解決する場合も。。。

トホホですね。。。

日本でももちろんんアパートの退去時には問題が少なからずありますが、こちらの問題はその質が手におえない程。

これもフランスの洗礼か!経験経験と自分に言い聞かせるしかありません!

 
 
ランキング参加中です。今日は何位かな?
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
クリックして応援してもらえると嬉しいです!
 
次の記事:
今の記事:フランスのアパートの大家さん
前の記事:

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ