パリのスーパー事情

ランキング参加中です。今日は何位かな?
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
クリックして応援してもらえると嬉しいです!
 

パリのスーパーMONOPRIX

こんにちは。パリのスーパーMONOPRIX(モノプリ)はご存知の方も多いと思います。

オリジナル商品は日本でも人気で、エコバックはよくお土産に頼まれます。

そんなパリのスーパー事情についてです。

日本と同じように9時頃から20~21時までの営業で日曜日は大抵お休み。

犯罪大国なのでスーパーでも入り口には強そうな黒人のガードマンがいます。

さらに大きな買い物袋やバックを持って入店するときは預けるか中をガードマンに中を確認してもらうか、といったステップがあるんですよ。それもすべて万引き防止のため。

日本と違うのは野菜はグラムで買うことができます。

ジャガイモだって1個だけ買うこともOKです。

売り場の近くにある測りで重さを量って自分で値段シールを貼ってカゴへ。さらにお会計。

パリはカード決済がほとんどですね。

またシェックと言って小切手も普通に使っているので、小切手での支払いもOKです。

ただ小切手の場合身分証明が必要なので時間がかかってしょうがありません。

日本人なら後ろの行列をみたら、オドオドしそうですが自分主義大国なので後ろに人がどんどん並ぼうともビクともせずシェックで支払います。

ベルトコンベアーのような流れる台に商品を置いて、自分で袋につめて終了。

日本のようにレジのお姉さんが袋に詰めてくれるなんてパラダイスのようなことは滅多にないのがパリのスーパーです。

あ~、日本ってすごい!

 
 
ランキング参加中です。今日は何位かな?
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
クリックして応援してもらえると嬉しいです!
 
次の記事:
今の記事:パリのスーパー事情
前の記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ