庶民の味方、パリの蚤の市

ランキング参加中です。今日は何位かな?
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
クリックして応援してもらえると嬉しいです!
 

11

こんにちは。

フランスと聞いてアンティークを思い浮かべる方も多いと思います。

ギャラリーのようなアンティークショップのきらびやかな家具や雑貨は見ているだけで溜息が出るほど美しいですね。

しかしそれなりに値段が張るので気軽に購入できないし、それを使おうものなら手がガクガクっ。

なので私はいつも庶民派の蚤の市へ!週末の楽しみのひとつでもあります。

パリ北部。有名なクリニャンクールの蚤の市。

ここは規模がとても大きく、プロフェッショナルなアイテムが多いです。

対してヴァンヴ蚤の市。

こっちはクリニャンクールに比べれば大分小さい規模ですし、庶民的なスタンドが多いです。

私は部屋のデコレーションのアイテムはたいていここで見つけていますよ。

どちらも週末(クリニャンクールは月曜開いているスタンドもあります)のみの開催で、朝早くから散歩がてらに覗きにくるパリジャンや観光客、バイヤー等いろいろな人でごった返しています。

通っていると馴染みのお店ができたり、ここはこういうアイテムの品揃えがいいなぁとか分かってくるので、より良い物を見つけやすくなってきます。

この2つの蚤の市はパリの北と南で離れていますがバスで1本なので蚤の市のハシゴも面白いかもしれませんね!

 
 
ランキング参加中です。今日は何位かな?
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
クリックして応援してもらえると嬉しいです!
 
次の記事:
今の記事:庶民の味方、パリの蚤の市
前の記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ